消費者金融と銀行カードローンを比較してみよう

消費者金融と銀行カードローンを比較してみよう

準備が少なくすぐにお金を借りられる方法といえば、消費者金融のカードローンや銀行カードローンが今は人気が高いですね。どなたでも借りやすい環境が整っているのが大きな特徴なのですが、どちらで借りるのがよいのか迷ってしまいませんか?

 

消費者金融カードローンと銀行カードローンを比較してみましょう!
どちらが借り入れに適しているのか、じっくり比べて借り入れ先を決めることで借り入れに成功するはずです。

 

消費者金融カードローン、銀行カードローンどちらでも現在の商品は使いやすくなっています。申し込みなども指示に従って進めれば、問題なく行えることは間違いありません。

 

借り入れや返済も同様に色々な方法でできるようになっている金融商品も多く、特に難しい手続きなども必要としません。

 

 

自分にピッタリの方法を見つけることはとても大切です

利用しやすい方法を選ぶことで、借り入れが成功に近づくのです。この消費者金融カードローンはネット申し込みができるけれど、この銀行カードローンでは直接店舗に行かなければいけない、ということがあります。

 

逆のパターンもあり得ます。

 

自分がネットで申し込みをするのが一番便利なら、ネット申し込みを取り扱っているカードローンでないといけないですし、店舗申し込みをしたいのなら店舗での契約を受け付けているカードローンでなければいけません。

 

比較をする時にたくさんのサービスがあるほうが便利という印象が強いのですが、自分が使いやすい方法があればそれでよいという考え方もできます。

 

つまり、自分がどのようにカードローンでキャッシングするかという利用方法をはっきりとさせておけば、自分の使いやすさに特化したものを見つけることができます。

 

消費者金融だから、銀行だからという区別をするよりも低金利で自分が使いやすいカードローンが見つかるように比較することをおすすめします。

 

カードローンの比較サイトでも「銀行」「消費者金融」といったように、金融機関で区分されているものもあれば、「金利が低い順」「限度額が多い順」「カードローン審査、通りやすい」といったようにランキングされているサイトもあります。

 

 

総量規制に注意する

二つのローンの大きな違いは、「貸金業法の規制を受けるか受けないか」ということになります。これによって、借り入れできる対象者も違ってきてしまいますし、借り入れできる限度額も結果として違ってくることもあります。

 

貸金業法の規制を受ける消費者金融のカードローンでは、本人収入がある方しか利用できませんし、貸金業者からの借り入れを総合計して、年収の3分の1までにする必要があるのです。

 

どこで借りるかはとても重要な問題で、似ていると感じるカードローンでも実際に利用してみると、全く違う使い勝手だと思うこともあるほどです。どこでもいいから借り入れしてしまおう、と考えるのではなく、実際に使ってみたらどうだろうかということをイメージしてみましょう。

 

ただ比較しているだけではなかなか決定打も見つかりにくいものです。このカードローンを自分が使ったらどうだろうか、と予想してみることは借り入れ後もスムーズな利用ができる秘訣となってくれるでしょう。